家庭菜園を始めよう | 肥料の種類

肥料の種類

鉢植えやプランターなどのコンテナ栽培は土の量が限られているため、必要な養分が土のなかのものだけでは足りなくなってしまいます。
その補給のために必要なのが「肥料」です。実をつける野菜には多くの養分が必要なので、肥料をやらないと実つきが悪くなったり貧弱な実しかならなくなったりします。
植物の生育には16の養分が必要とされています。 そのうち酸素、水素、炭素の3つは空気や水から取り込んでいます。 それ以外の養分は根が土の中から吸収しています。 なかでも大量に必要なのが、窒素、リン酸、カリでこれを「肥料の3要素」と言います。
肥料のパッケージには5:10:5など3つの数字が書かれていますがこれは窒素、リン酸、カリの割合です。 生長の段階や野菜の種類、目的にあわせて選びましょう。

3要素の働き

■リン酸
生育の盛んな部分に多く存在し、花や実をつけるときに最も必要とされます。 根をしっかり張らせるためにも不可欠。 不足すると葉が小さくなり、花や実の数が少なくなります。
■カリ
光合成を盛んにし実つきや育ちをよくし、いも類の質もよくします。 細胞を丈夫にして病害虫への抵抗力を高める作用もあるので、欠乏すると被害を受けやすくなります。
■窒素
植物のタンパク質の構成成分で葉や茎の生育には最も重要。 欠乏すると葉が淡黄緑色になり大きくならなくなります。 過剰になると茎が徒長し、軟弱になります。

有機肥料と化学肥料

肥料には「有機質肥料」と「化成肥料」があります。
「有機質肥料」は植物や動物を原料にした肥料で、「有機栽培」といわれる野菜は、この肥料を使って作られたものです。 微生物が分解してから吸収されるのですぐに効果は現れず、ゆっくりと効きます。 「油かす」「骨粉」「鶏糞」「草木灰」などがあり、これらがミックスされているものもあります。
石油や鉱石を原料に化学合成された成分でできているものをいいます。 無臭で扱いがとても楽なので現在、家庭用肥料の主流になっています。 効き目も形状もさまざまなものがあり、さらに植物別に専用のものも売られていて選びやすいのも長所です。

元肥と追肥

肥料は、施すタイミングによって、「元肥」と「追肥」に分けられます。
元肥は、作物を植え付ける際に施し、長期にわたってじわじわと効かせるタイプで、たとえば、緩効性の有機質肥料が適しています。 「追肥」は、ナスなどの肥料をたくさん必要とする植物に、生育途中に肥料を追加して施すもので、速効性のあるボカシ肥料などが適しています。
コンテナ栽培では特に重要です。 頻繁に水やりをするために肥料分が流出しやすいので、肥料分を適宜補う必要があります。
濃い肥料を与えると、肥料分で根が傷む「肥料やけ」を起こしてしますので、コンテナ栽培では、薄めの肥料を定期的に施す方法が適しています。 そんなコンテナ栽培の「追肥」におすすめなのが速効性の「液体肥料」です。
生育の盛んなときは週に1回の割合で水やりの代わりに与えます。 速効性の肥料は持続力がないので継続して与えることが大切。 液肥はほとんどのものが原液で売られているので必ず所定の濃度かそれよりやや薄めに水で薄めて使います。
粒城や粉末の肥料で追肥をするときには「置肥」という方法を用います。肥料を土の上にまいたり土に混ぜたりしたあとに、水をかけて肥料分を浸透させます。 成長が盛んなときに施す場合、速効性の化成肥料なら量を少なめにして10日に1回程度、緩効性の有機質肥料の場合は20〜30日に1回程度が目安です。




HOME | 家庭菜園のすすめ | 野菜について | 菜園場所 | 豆知識 | サイトマップ