家庭菜園を始めよう | 市民農園

菜園場所

市民農園

農園

「家庭菜園をはじめたいけれど庭がない」「ベランダ菜園ではなく、もっと本格的な野菜づくりがしたい」という方でも、市民農園を活用すれば本格的な家庭菜園を楽しむことができます。
ここ数年、民間企業の参入により、様々なタイプの農園が開設されてきています。その種類や選び方について紹介しましょう。


市民農園とは

市民農園には、大きく分けて次の4種類があります。

・地方公共団体が開設しているもの
・農業協同組合(農協)が開設しているもの
・農地を所有する農家等(個人)が開設しているもの
・民間企業やNPO等が開設しているもの

農林水産省によると、市民農園の開設数は年々増加しており、2008年の調査では全国で3273農園が開設されていました。
中でも都市的地域に開設されている農園の区画数は、全国の市民農園の約8割を占めており、都市に暮らす人々にとって身近な状況になってきていることがうかがえます。
最近は、民間企業がビルの屋上や線路の上など、既存の農地ではない土地に開設する事例も増えてきており、空き空間の利用方法のひとつとして市民農園を選ぶというケースが増えてきているようです。

市民農園の探し方

地方公共団体が運営している場合、市町村の農政課(地域によって呼び方が違う場合もあります)が担当しており、大抵、それぞれの自治体のホームページに募集期間や料金などの情報が掲載されています。
空き状況やキャンセル待ちの状況など、詳しい情報については、直接問い合わせてみるのが早いようです。
地方公共団体・農協・農家が開設している市民農園については、農林水産省のホームページ全国市民農園リストから調べることもできます。
民間企業やNPO等が行っている農園については、それぞれ、運営団体ごとに情報を提供しています。

市民農園の選び方

市民農園を選択する条件としては、主に以下の3点が挙げられます。

・自宅、もしくは職場からの距離
・インストラクターなどの指導者の有無
・「無農薬」、もしくは「農薬使用可」などの制限事項

まずは、最低でも週1回は無理なく通える場所にあるということが必須条件です。
通える(手入れのできる)頻度が少ないと、作ることのできる野菜の種類は、どうしても限られてきてしまいます。 「いろいろな野菜に挑戦したい!」と思われている方ほど自分の庭のように利用できるくらい、通いやすい場所にある農園を探してみましょう。
野菜づくりに自信のない方でも、直接指導してくれる方がいれば安心ですね。 最近では、そんなサービスを行う農園も増えてきました。
また、毎日通うことのできない人向けに、手数料などを支払うことで水やりや日頃のメンテナンスなどを行ってくれるサービスのある農園もあります。
絶対に無農薬で育てたいのか? それほどこだわる必要もないか? こんなこだわりも農園選びの重要なポイントです。 小さな区画が密集している市民農園では、たとえ自分の畑を無農薬でやっていたとしても、隣の区画で農薬を散布されてしまったら、どうしても影響を受けてしまいます。 最近は、農場全体で農薬や肥料の使用について、細かくルールを決める農園が増えてきました。
気になる点は担当者に詳しく聞いて、自分の育て方に合った農園を選びましょう。

その他

作業用具

その他にもレンタルの作業用具や、農機具用のストッカーがあって手ぶらで通うことのできる農園や、シャワールームやパウダールームが完備されているところ、季節ごとのイベントが充実しているところなど、特徴のある農園が開設されてきています。
何はともあれ、気になる農園があったら実際に現地に足を運び、自分の目で見てみること、そして、スタッフや利用者に話を聞いてみることが一番大事です。 ひと家族では広すぎるとか、利用料が高くてちょっと迷ってしまうという場合、友人同士のグループで利用するのもひとつの方法です
。 今後、都市近郊を中心に様々なタイプの市民農園が増えていきそうな予感です。
便利な農園をうまく活用して、野菜の自産自消を目指してみてはいかがでしょうか。




HOME | 家庭菜園のすすめ | 野菜について | 菜園場所 | 豆知識 | サイトマップ