家庭菜園を始めよう | 庭

菜園場所

庭

ご自宅に庭があるのに、雑草だらけで全く使っていないなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。
スペースがあるのなら是非、少し手入れをして家庭菜園スペースを作ってみてはいかがでしょうか。
1日に日のあたる時間は季節や庭の場所により違ってきます。 その場所に合った野菜を選び育てるのもおもしろいものです。
野菜作りの本はいろいろありますが、野菜によって畝幅や株間を広く取らなければならないのが多くあります。
狭い庭では教科書どうりに作っても種類が多く作れませんので、日照時間や野菜の成長した姿を想像しながらできるだけ間隔を狭くして、成長を損なわずに収量を確保できるか研究するのも楽しいものです。

雑草との戦い

畑で一番大変になるのは、雑草との戦いです。 地面が広い分、雑草が生える面積もたくさんあるからです。
雑草は生い茂ってしまう前に手で抜くことが基本ですが、マルチを使うことで、その作業を少し楽にすることができます。 マルチとは、土の表面をビニールやワラなどで覆うことです。
マルチには様々な効果があって、たとえば、透明なビニールを使うと、土壌の温度を上げ、春先の発芽の促進などに役立ちます。
雑草除けには、黒や銀色のビニールがおすすめ。 銀色のビニールは、害虫除けにも効果があります。


水はけのよい土壌に

たいていの野菜は、水はけの悪い土を嫌います。
水はけの悪い土は、植物の根が健全に育たず、さまざまな病気の原因にもなってしまいます。
理想的な土は、水はけが良く、適度に水保ちの良い「団粒構造」の土です。 団粒構造の土は、水分と空気を適度に含み、微生物が生活しやすく、肥料を蓄えておく力もあるといわれています。
野菜を植え付ける前には、しっかりと土壌改良を行い、団粒構造の土にすることで、野菜をより健康に、おいしく育てることができます。


連作障害に注意

同じ所で同じ品種を作り続けていると、生育が悪くなったり病気になりやすくなったりすることがあります。 これを「連作障害」といいます。
土壌の微生物のバランスが崩れることなどが原因とされていますが、特に連作障害が出やすい作物は、ダイコンやコマツナなどのアブラナ科の植物や、トマトやナス、ジャガイモなどのナス科の植物です。
この連作障害を防ぐためには、ひとつの畑を3~4のエリアに区切り、それぞれ、違う作物を育て、次のシーズンにはその作物をずらしていく、「輪作」という方法を使います。 合理的な輪作の例として、イネ科(トウモロコシ等)→マメ科(エダマメ等)→根菜類(カブ等)があげられます。
イネ科の植物は、地力を増強し、マメ科植物の根は窒素を固定するので、肥料分となる窒素を増やしてくれ、根菜類は土を深く耕してくれるのです。 また、土壌中の微生物が活発に活動していれば、連作障害は気にする必要はないとも言われています。
やはりここでも、常に、土を団粒構造の良い状態にしておくことがポイントとなります。

注意点

そのほかに気をつけなければいけないことは、作物どうしの株間を十分に空けることや、肥料の与えすぎないことなどがあります。
株間が混み合って風通しが悪くなると、病原菌が活動しやすくなったり、害虫の居心地が良くなって、害虫の大発生の原因にもなります。
また、必要以上に肥料を与えすぎると、植物体がやわらかく育ってしまい、やはり、病害虫のリスクが高まってしまうのです。




HOME | 家庭菜園のすすめ | 野菜について | 菜園場所 | 豆知識 | サイトマップ