家庭菜園を始めよう | キッチン

菜園場所

キッチン

キッチン

キッチン菜園とは、キッチンやテーブルの上など部屋の中で野菜を育てることです。
野菜を育てた経験のない初心者でも、簡単に始められるので、人気が高まっています。
残った野菜から根を生やしたり葉を育てて収穫することもできますが、タネからスクスクと育った若い野菜の方が、栄養がぎっしりと詰まっています。
最初は、初心者向けの栽培キット(野菜のタネ、栽培容器、栽培用の土、ガラススプレーなどのセット商品)から始めて、野菜栽培に慣れてから育てる野菜を増やしていきましょう。
キッチン菜園には、スプラウトやベビーリーフなど、手軽に育てられて、短期間で収穫できる野菜がおススメです。

スプラウトとは?

スプラウト

タネから発芽したばかりの新芽のことで、野菜が育っていくエネルギーがぎっしり詰まっていて栄養満点です。
スプラウトはタネをコットンシートにまいた後は、水だけで育ちます。
短期間で野菜を収穫したい方や土を使わずに野菜を育てたい方にピッタリです。


ベビーリーフとは

ベビーリーフ

レタスやホウレンソウ、ルッコラなどの若い葉のことで、葉の中にビタミン・ミネラルなどを豊富に含んでいます。
ベビーリーフはタネを土にまいて日当たりのよい場所で育てると3週間くらいで収穫できます。
野菜を毎日収穫したい方や野菜が育っていく姿を観察したい方におススメです。


キッチン菜園の魅力

1.キッチンの片隅やテーブルの上で、気軽に野菜を作れます
2.採れたて野菜が15秒で食卓にのぼります
3.タネをまいてからスプラウトは7~10日、ベビーリーフは3週間くらいで収穫できます
4.部屋の中で野菜を育てるので、害虫対策や防風対策の必要はありません




HOME | 家庭菜園のすすめ | 野菜について | 菜園場所 | 豆知識 | サイトマップ