家庭菜園を始めよう | トマトの栽培法

トマトの栽培法

ミニトマト

●日当たりと水はけのよい畑が適しています。
●植えつけ後、必ず保温しましょう。
●連作障害が出やすいので、連作は避けましょう。
●実がなり始めたら10日ごとに追肥をしましょう。


栽培カレンダー


カレンダー

畑の準備

苗を植えつける2週間前までに、1㎡当たり150gの苦土石灰をまき、深く耕します。
その1週間後に、元肥として堆肥を1㎡当たり5~6kg、化成肥料を100g施してすき込み、幅90cm、高さ15cmのうねをつくります。
うねにマルチ用のポリエチレンフィルムを敷き、作幅40~50cm、株間40~50cmの間隔で穴を開けます。

植え付け

ポリエチレンフィルムに穴を開けたところを掘り、苗の根土をくずさないようにしながら、やや斜めに傾けて植えます。
こうすると、生長するにつれて苗が安定し、風にも強くなります。

支柱立て

植えつけ後、苗の外側に高さ2m以上のがっしりとした支柱を合掌式に立て、茎をビニールひもなどで結びつけます。
その後、茎の生長に合わせて20cmごとに茎を支柱に結びつけていき、誘引します。

追肥

植えつけ後、1ヵ月に1~2回のペースで、化成肥料をうねの肩に一握りずつ施し、軽く耕し土寄せします。

芽かき

葉のつけ根から出るわき芽を指で摘み取り、中心の茎だけ伸ばします。

摘心

生長するにしたがって、下から花房がついてきます。
5~6段目の花房がついたら、最先端の花房から上の葉2枚を残して、その上を手で摘み取り、生長を止めます。

病害虫防除

トマトは病気や害虫が発生すると収穫できなくなるので、病害虫が発生する前から防除を心がけます。
もし発生した場合は、すぐにその株を抜き取り、他の株への伝染を防ぐようにします。

収穫

開花してから45~60日で収穫できます。
十分に赤く熟した果実から収穫します。




HOME | 家庭菜園のすすめ | 野菜について | 菜園場所 | 豆知識 | サイトマップ